AILE d’ANGE 
『可愛いから』『可哀想だから』といって甘やかすのが愛情ではありません。 【ほんの少し】のコツで躾けと問題行動の改善を行うことで『少しずつ』ワンちゃんとの信頼関係を築き上げていきませんか。

プロフィール

ドッグインストラクター

Author:ドッグインストラクター
Dog Accessory shop
AILE d'ANGE
DOG INSTRUCTORです。
ワンちゃんのレベルに会わせて飼い主さんと一緒にトレーニングを行ないます。
その他、躾けに関するご相談もお受けしております。
お気軽にご相談下さい。






りらっくま

ランキング参加中

↓ポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

現在のご訪問者

現在の閲覧者数:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


AILE d'ANGEネットショップ

AILE d'ANGEのネットショップです。

バナー


入り口はコチラ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ペットフードの原材料
もし、あなたのワンちゃんやネコちゃんに与えているペットフードの原材料に犬や猫の脂肪が使われているとしたら・・・

残念ではありますが事実です。

野良犬・野良猫として保健所に保護された子達は一定期間、国の管理の下に置かれ里親探しに出されます。
一定期間の間に里親が見つからなければ・・・
その後の経緯はみなさんもご存知の通りと殺施設に送られその短い一生を終えます。

ここで今、あなたの飼っているワンちゃん、猫ちゃんに与えているペットフードの原材料を確認してもらいたいのですが、その中に動物性脂肪という材料はありませんか?
実は、この動物性脂肪こそが殺された犬猫たちなのです。
(全てのメーカーが動物性脂肪として使用しているわけではありませんが何の動物性脂肪かは謎ですよね??)

多くのペットフードユーザーの方は原材料の確認もせずに
TVでコマーシャルしているから
ペットショップから勧められたから
獣医さんが勧めてくれたから
ワンちゃんを飼っている友達、猫ちゃんを飼っている友達が勧めてくれたから
などの理由により購入されているそうですが、本当にそれが正しいのでしょうか?

ここには一つの例として動物性脂肪を例に挙げましたが、まだまだあなたの知らないワンちゃん、猫ちゃんにとって健康を害するような原材料はたくさん使用されています。

人間には食品基準法という明確な法律があり、厳しい基準をクリアーした食品だけが人の口に入る訳ですが、残念ながら、まだ日本にはペットフードに対する基準は何も設けられていません

遺伝子組み換えの穀物や野菜、ペットフードの量を増やすための増量剤に穀物のカス、大豆、ビートパルプ、ピーナッツの殻など普通に考えて何も栄養のないものが当たり前のように使用されています。

人間にとっても毎日の排泄物は健康のバロメーターですよね、それはワンちゃんも猫ちゃんも同じです。
専門的な知識がなくても、排泄物からある程度の健康状態は把握出来ます。

そこを逆手に取ったのが最近良く見かける、ウンチの量が少なくなるフードやウンチが小さく、処理がしやすくなるフードなど、飼い主さんにとっては便利ではありますが、こんなウンチ、みなさん健康なウンチだと思いますか?
栄養をよく吸収しているからウンチが小さくなると思っていませんか?実はフードの中にプロピレングリコールという化学物質が使用されており、この物質はウンチに含まれる水分や腸内の消化吸収のための有用微生物の働きを抑制してしまうのです。
よって、ウンチが小さくなったり、硬く、乾燥したものであったならばそれは、より多くの老廃物が取り除かれずに体内に残っていることを示すものです。

健康なウンチとは色が揃っていて、ぎっしりと詰まっており、形があって、水分も適度にあり、においも決して悪臭ではありません。
しかも、ウンチの内容物とは食べ物のカスや消化されない植物繊維、剥がれ落ちた腸の細胞、腸内細菌、水分等ですので、消化吸収が良いからウンチが小さいとは限りません。

残念ながら、あなたのライフパートナーであるワンちゃん、ねこちゃんはお金を持ってスーパーやペットショップに自分のお気に入りのフードを買いに行くことは出来ません!

現在、ご自分のワンちゃん、猫ちゃんに与えているフードを否定するのは大変勇気のいることです。
しかし、ここでもう一度愛犬と向き合って真剣に考えてみてはいかがでしょうか?
毎日毎日、きめられた時間に、きめられたフードを食べ続けるワンちゃん、猫ちゃんにとって何が本当に大切なのかを考えて・・・

ですから、私たち飼い主が原材料や品質にこだわったフードを選んであげなければなりません。

そこで安全なペットフードの選び方のポイントを紹介します。

1 酸化防止剤を使用していないこと。

2 合成調味料、着色料、着香料、防カビ剤などの合成添加物類を使用していないこと。

3 成分表示がきめ細かく記され、またその記載にメーカー側の都合による恣意的で誤解を誘いがちな表現が入っていないこと。

4 良質な食肉を使用していて、混ぜ物や副産物が入っていないこと。

5 砂糖や合成甘味料が入っていないこと。

6 塩化ナトリウム(食塩)、塩、海塩、醤油を添加していないこと。

7 動物性油脂より良質な植物性油脂が使用されていること。

8 ビタミンCや天然ビタミンE(天然型ではなく)を添加することで、良い意味での酸化防止、品質保持を心がけていること。

9 穀類として「粉」や「ミール」ではなく、全粒穀類を含んでいること。

10 賞味期限は、より短く(6ヶ月など)明示されていることが望ましく、またパッケージが単なる紙袋ではなく、ビニール袋などの内袋と二重になっていて、しかも内袋には酸化防止のために窒素充填されていること。

11 原材料に「大豆」「トウモロコシ」「ビートパルプ」などが使用されていないこと。

12 高タンパク質、高脂肪でないこと。


少なくとも以上12点の項目をクリアーしていることが最低条件となります。

現在、多くのペットフードメーカー(国内、国外)がナチュラルフードを発売していますが、本当の意味でのオーガニック&ナチュラルなペットフードを探してみませんか!!

一日でも長く、健康に暮らしていくためにも、私たちは本当のナチュラルフードにこだわります!

当方では『株式会社ソリッド・ゴールド・ジャパン』をお勧めしています。
他店でも取り扱っているようですが販売価格は定価になっています。
当方は定価の80%で販売しています。
是非一度お試し下さい。




↓ポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

今何時?

by Pets!

Site Stock

サイト売買のサイトストック

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon.com

ブログ内検索


copyright 2005-2007 AILE d’ANGE  all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。