AILE d’ANGE 
『可愛いから』『可哀想だから』といって甘やかすのが愛情ではありません。 【ほんの少し】のコツで躾けと問題行動の改善を行うことで『少しずつ』ワンちゃんとの信頼関係を築き上げていきませんか。

プロフィール

ドッグインストラクター

Author:ドッグインストラクター
Dog Accessory shop
AILE d'ANGE
DOG INSTRUCTORです。
ワンちゃんのレベルに会わせて飼い主さんと一緒にトレーニングを行ないます。
その他、躾けに関するご相談もお受けしております。
お気軽にご相談下さい。






りらっくま

ランキング参加中

↓ポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

現在のご訪問者

現在の閲覧者数:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


AILE d'ANGEネットショップ

AILE d'ANGEのネットショップです。

バナー


入り口はコチラ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
犬と私の10の約束
犬と私の10の約束

You Tubeです。


2008年3月に全国ロードショー公開されます。
BGMの小田和正さんの曲もピッタリ合ってます。
【犬の十戒】を基に作られた作品です。
ワンちゃんを今飼ってられる方やこれから飼おうと思ってられる方は絶対に観て下さい。
そして心に留めておいてください。
そうすれば世の中から不幸なワンちゃんがいなくなる日が必ず来ますから・・・。


CIMG1978.jpg

愛護センターに収容されたワンちゃん。
この子達の命はあと数日です。
数日後には窒息死による殺処分されてしまいます。
このような不幸な子をなくすために・・・。






↓ポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
スポンサーサイト
犬の聖書
koinu015.jpg


この世の中では親友でさえ、あなたを裏切り、敵となる事がある。
愛情をかけて育てた我が子も深い親の愛を、すっかり忘れてしまうかもしれない。
あなたが心から信頼してる最も身近な愛する人も その忠節を翻すかもしれない。
富はいつか失われるかもしれない。最も必要とする時に、あなたの手にあるとは限らない。
名声はたった一つの思慮に欠けた行為によって 瞬時に地に堕ちてしまうこともある。
成功に輝いてるときは、ひざまずいて敬ってくれたものが失敗の暗雲があなたの頭上をくもらせた途端に豹変し、悪意の石つぶてを投げつけるかもしれない。

こんな利己的な世の中で決して裏切らない恩知らずでも不誠実でもない絶対不変の唯一の友はあなたの犬だ。

あなたの犬は、富める時も貧しき時も健やかなる時も病める時も常にあなたを助ける。
冷たい風が吹きつけ、雪が激しく降る時も主人のそばならば冷たい土の上で眠るだろう。
与えるべき食物が何一つなくても、手を差し伸べればキスしてくれ世間の荒波にもまれた傷や痛手を優しく舐めてくれるだろう。

犬は貧しい民の眠りを、まるで王子の眠りのごとく守ってくれる。
友が一人残らずあなたを見捨て立ち去っても、犬は見捨てはしない。

富を失い名誉が地に堕ちても、犬はあたかも日々空を旅する太陽のごとく、変わることなくあなたを愛する。

たとえ運命の力で友も住む家もない地の果てに追いやられても、忠実な犬は、共にあること以外、なにも望まず、あなたを危険から守り、敵と戦う。

全ての終りが来て、死があなたを抱きとり、骸が冷たい土の下に葬られる時、人々が立ち去った墓の傍らには、前脚の間に頭を垂れた気高い犬がいる。

その目は悲しみにくもりながらも、油断なく辺りを見回し死者に対しても忠実さと真実に満ちている。

作者不詳






↓ポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
犬の十戒
kuro2.jpg


1. My life is likely to last ten to fifteen years.
Any separation from you will painful for me.
Remember that before you buy me.

私の寿命は、10年。長ければ15年。
何があっても最後まで、あなたのそばにおいてもらえますか。
私を飼う前に、どうかそのことをよく考えてください。

2. Give me time to understand what you want of me.
あなたが私に望んでいることを、ちゃんと分かるようになるまで
少し時間をください。

3. Place your trust in me- it's crucial to my Well-being.
私を信頼して下さい......それが何より嬉しいのです。

4. Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment.
You have your work your entertainment
and your friends.
I have only you.

私のことをずっと叱り続けたり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
あなたには仕事や楽しみもあるし、友達もいるけれど
私には....あなたしかいないのです。

5. Talk to me sometimes.
Even if I don't understand your words,
I understand your voice when it's speaking to me.

時には私に話しかけて下さい。
たとえ、あなたの話す言葉はわからなくても、
あなたの声を聞けば、私に何を言ってくれているのか、分かるのです。

6. Be aware that however you treat me, I'll never forget it.
私のことをいつもどんな風に扱っているか、考えてみてください。
あなたがしてくれたことを、私は決して忘れません。

7. Remember before you hit me that l have teeth that could easily crushthe bones of your hand but that I choose not to bite you.
私を叩く前に思い出して下さい。
私には、あなたの手の骨など簡単に噛み砕ける歯があるけれど、
決してあなたを噛まないようにしているということを。

8. Before you scold me for being uncooperative obstinate or lazy,
ask yourself if something might be bothering me.
Perhaps I'm not getting the right food or I've been out in the sun too long or my heart is getting old and weak.

言うことをきかないとか、手におえないとか、怠け者だと叱る前に
そうさせてしまった原因が無かったか、思い起こしてください。
ちゃんとした食事をさせてもらっていたでしょうか
太陽が照りつけている中に、長い間放っておかれたことはなかったでしょうか
老いた私の心臓が弱っているせいで、動けないのかもしれません。

9. Take care of me when I get old ; you, too, will grow old.私が年老いても、どうか世話をして下さい。
私達はお互いに、同じように歳をとるのです。

10. Go with me on difficult journeys.
Never say, "I can't bear to watch it ." or " Let it happen in my absence."
Everything is easier for me if you are there.
Remember I love you.

最期のお別れの時には、どうか私のそばにいてください。
「つらくて見ていられない」とか「立ち会いたくない」とか
そんなこと、言わないでほしい。
あなたがそばにいてくれるなら、
私は、どんなことも安らかに受け入れます。



そして、どうか忘れないで。
私がいつまでも
あなたを愛していることを。

Author Unknown
作者不詳






↓ポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
ペットの選択(その4)
koinu014.jpg


犬や猫を購入する場合、特に気をつけねばならないのが母親から引き離される時期です。
犬も猫も母親や同腹の兄弟たちから様々な事柄を学びながら育ちます。
その経験の有無は成長後の行動に極めて重大な影響を及ぼすことから、購入後の問題の発生を防止する意味においても犬の場合は最低60日できれば70日、猫の場合は最低50~60日、母親のもとで育った子を求めるべきでしょう。
排泄の躾け等は、この点に関した典型的な問題の一つでしょう。
自力で排泄できるようになってから、ある一定期間母親のもとで『巣を汚さぬ躾け』を受けた犬(猫にもある程度当てはまる)は新しい飼い主のもとへ行く時には既に衛生的な生活習慣を身に着けているわけであり、その分排泄の躾けがしやすいのです。
逆に、母親からそれを教えられる前に引き離されてしまい、狭いゲージの中で自らの汚物と隣り合わせで生活することが平気になってしまった子犬は排泄の躾けも大変困難である場合が多いのです。
また、人間の家族(ブリーダーとその家族)との接触も重要な要素の一つです。
犬にも猫にも外部の刺激が非常に大切になってくる『社会化期』というものがあり、犬の場合は概ね生後4週間~約12週間まで、そして猫の場合は短く概ね生後2週間~約7週間までです。
この時期に人間との接触を経験できないと犬も猫も大変臆病に育ってしまう可能性が高くなります。
何にでもびくついて吠えたり、咬みつこうとしたりする犬・すぐに逃げ惑う猫、このようなペットに育つ可能性の低い子を探すのであればブリーダー宅まで足を運び、母親と子犬・子猫たちの飼養状況を自分の目で確かめ、ブリーダーが文字通り『手塩にかけて育てている』かどうかを見極める必要があるでしょう。
最近の研究によると人間にしっかりと触れてもらっている子猫の方が神経細胞間の接続がより豊富な大きな脳を有するに至るそうです。
特に猫の場合はその社会化期の短さから『成長後の行動の基盤の育成はほぼ全面的にブリーダーが負っている』と言わざるを得ません。
選択についてここまで注意事項を列挙してみたものの、多くの場合傷ついた動物を保護したり、先日書いたような愛護団体の里親探しでもよい犬猫に巡り逢ったりと事前の準備が全くなくともペットが生活の中に入り込んでしまうことがあります。
このような場合は、後々のトラブルを避けるためにも必ず獣医師の健康診断を受けさせ、人畜共通感染症等の有無も調べてもらう必要があります。
また、できれば近隣の訓練士や専門家に相談し、行動上の診断をも下してもらうことができれば、その後の家庭内での接し方の参考になるでしょう。





↓ポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
ペットの選択(その3)
koinu004.jpg


この犬の登録と狂犬病予防注射は当然有料ですが、負担となるほどの金額ではありません。
むしろ犬や猫においてはその他の経費の方が念頭においておかねばならないもののようです。
犬の狂犬病以外にも犬猫双方、人間の子供同様様々な予防接種・定期健診等が必要であり、それらはすべて近隣の開業獣医師に行ってもらわねばなりません。
また、動物とて健康な時ばかりでなく、病気もすれば怪我をすることもあります。
その際に家族の一員として適切な医療処置を受けさせる心構えでいることに自信がなければ、ペットの飼養は今一度考え直した方がよいかもしれません。
さらに、毎日の食餌・猫や室内犬の場合は排泄用の備品・適切安全な遊具・犬の場合は良質な散歩用具等最低必要な品目だけでも相当な出費になるでしょう。
何もそこまで・・・』と思われるかもわかりませんが、現に都道府県の引き取り窓口には「あまりにも大食いで経済的に面倒が見れなくなった」と大型犬を連れてくる飼い主もおり、飼養能力の経済的側面も事前に考慮されるべき大切な点である事が判明しているのです。
さて、それではこのような種々の因子を念頭に入れ、実際の選択を行う際には一体誰に相談したらよいのでしょうか。
おそらく近隣の獣医師に相談することが一番よいと思われます。
地域の動物病院の所在が分からない場合には、各都道府県の獣医師会や最寄りの保健所等に情報を求めればよいでしょう。
動物の習性や物理的欲求等に関する専門的な知識を有する獣医師に空間・性格等の先日述べた選択基準に見合ったペットを探してもらう方法が最も確実なのです。
一旦、選択を行ったら、今度はそのペットに関する情報を収集すべきです。
特に犬猫の純血種を求める場合には、その種特有の遺伝疾患を勉強しておくべきでしょう。
大型犬種の股関節形成不全のように、最悪の場合は数百万もかかるような人工関節にしないと完治しないような遺伝疾患もあり、充分な情報を収集することは極めて重要なことです。
ペットは間違っても衝動買いするべきものではありません。
また、露店等管理が行き届いていない業者から買い求めることも考えものです。
犬や猫の純血種を求める場合には自宅で繁殖を行っているブリーダーから直接手に入れる事もできます。
近隣のブリーダーやそこで生まれている仔犬・仔猫に関する情報は専門誌や動物病院等で求めればよいでしょう。
しかし、世の中には人間の勝手な都合で捨てられたり、引き取り手がなかったために殺処分されてしまう犬や猫もたくさんいます。
最寄りの保健所や愛護団体等で里親募集を行っているのであれば、できればそのようなところからまず検討していただきたいものです。





↓ポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

今何時?

by Pets!

Site Stock

サイト売買のサイトストック

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon.com

ブログ内検索


copyright 2005-2007 AILE d’ANGE  all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。