AILE d’ANGE 
『可愛いから』『可哀想だから』といって甘やかすのが愛情ではありません。 【ほんの少し】のコツで躾けと問題行動の改善を行うことで『少しずつ』ワンちゃんとの信頼関係を築き上げていきませんか。

プロフィール

ドッグインストラクター

Author:ドッグインストラクター
Dog Accessory shop
AILE d'ANGE
DOG INSTRUCTORです。
ワンちゃんのレベルに会わせて飼い主さんと一緒にトレーニングを行ないます。
その他、躾けに関するご相談もお受けしております。
お気軽にご相談下さい。






りらっくま

ランキング参加中

↓ポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

現在のご訪問者

現在の閲覧者数:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


AILE d'ANGEネットショップ

AILE d'ANGEのネットショップです。

バナー


入り口はコチラ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
あけましておめでとうございます
shinnen



新年明けましておめでとうございますm(_ _"m)ペコリ
旧年中は大変お世話になりました。
本年も変わらずご支援・ご協力の程宜しくお願い致します。
今年が皆さんにとって最良の年になりますように!!

スポンサーサイト
ツバサ君の状況
昨日お伝えしましたツバサ君に関する現在の状況です。
引き続きご協力をお願い致します。
以下転載です。

~ここから転載~
ご心配、ご協力を頂いております皆様に感謝いたします。
大阪市内の各環境事業センターに問い合わせましたところ、
今日現在、ツバサらしき遺体は引き取っていないということです。
センターの方からのアドバイスですと、居なくなってからかなりの日数が経っていますので、もう少し広範囲で探したほうが良いと教えていただきました。
また、大阪市動物管理センターの方も広範囲で届出を出された方が良いとのアドバイスをいただきました。
警察機関も同じアドバイスを頂きました。
大阪はすでに当方で届け出を済ませました。
大阪市隣接の皆様にお願いします。
生きている動物の保護は 保健センターです。
道路上や自宅で亡くなった動物の引き取りは各管轄の環境事業センターになります。
また、最寄の動物病院、ペットショップなどにもお知らせ願えたらと思います。
こちらで全てを調べておくのが当然のことと存じますが…すみません。
皆様のお力をお借りできましたら、何卒、よろしくお願い申し上げます。
尚、保健センター等に届け出た場合、【届出番号】をくれますので、当方にお知らせ願えればさらに幸いと存じます。
よろしくお願いいたします。
北区・都島区 北部環境事業センター 06-6351-4000
淀川区・東淀川区 東北環境事業センター 06-6323-3511
旭区・城東区・鶴見区 城北環境事業センター 06-6913-3960
福島区・此花区・西淀川区 西北環境事業センター 06-6477-1621
天王寺区・東住吉区 中部環境事業センター 06-6714-6411
中央区・浪速区 中部環境事業センター出張所 06-6567-0750
有料で役所に連絡してるとするとここです。
飼い犬・飼いねこが死んだときの死体処理については、
●環境局木津川事務所
TEL 6551-1730 FAX 6551-1899

某ブログ主さんがツバサのポスターを作ってくださいました。
心より感謝いたします。
ご協力いただいている皆様方に感謝いたします。
ありがとうございます。
gif画像ですが作りました。
A4サイズです。
イラレをお持ちの方はメールを頂けたら元のファイルをお送りします。
よろしくお願いします。
PDFに変換してもらいました。
PDFファイルダウンロード
また別のご支援者様にお教え頂いたセブンイレブンのネットプリントも登録しました。
こちらはカラーA4で60円かかります。
プリント予約番号は7GFGQETZです。

~ここまで転載~

転載元⇒re_house





↓ポチッとお願いします!↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
FC2ブログランキング

緊急のお願い!!
知り合いからの協力の依頼がありました。
今回は『迷子犬の捜索』のご協力をお願い致します!!
以下転載です。

~ここから転載~
本日、当方の弁護士より連絡が入り、10月5日
「ツバサ」が行方不明になりました。時間は不明です。
状況は、2重鍵をはずしての逃走?したらしいのです。
保管先によりますと、最寄の警察機関に「遺失物」として
届けを出すそうです。
誰かに盗まれたということでしょうか?
ツバサの特徴
 ●体の割には頭部が少し大きめです
 ●人間にはフレンドリーですが、他犬に対し攻撃性をみせます
 ●おしっこをする時、非常に高く足をあげます
 ●食べ物を貰うとき、しっかりとアイコンタクトができます
 ●マイクロチップが装着されています。
 ●首輪をしていたか、また何色かは申し訳ございません。わかりません。
皆様にお願いします。
お時間の都合が付けば、都島近隣及び、淀川などの捜索などにご協力ください。
また、ツバサの写真をアップいたしますので、最寄の動物病院や、ペットショップ
などにご協力をご依頼くだされば、幸いと存じます。
この場をお借りしまして、伏してお願い申し上げます。緊急のお願いです。

~ここまで転載~

2b42cdb0.jpg


7c0ad66b.jpg


e5451bb8.jpg



【追記】
大阪市内の保健所、大阪市動物管理センターには全て届けを出しました。
ツバサは♂で去勢済みです。
もし、首輪が変わっていなければブルーの首輪が着いています。
コメント欄を開けておりますので、どんな小さな情報でも結構です。お寄せください。


転載元⇒re_house





↓ポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

糸を体に残さない去勢・避妊手術
避妊去勢手術における問題点です。
どこの保護団体においても『避妊去勢手術後の譲渡』が条件になっています。
私は『推奨』はしていますが『強制』はせずに飼い主さんにお任せしていますが・・・
避妊去勢手術でこんな恐ろしいことがあったなんて始めて知りました。

糸の危険性知ってください。
あまり知られていることではありませんが、去勢、避妊手術では体の中に糸を残します。
内臓に近いところに異物を残すんです。
溶ける糸を使っていると思われると思いますが、「絹糸」を使う病院もまだまだ多いのです。
この「絹糸」とても危険です。この「絹糸」を使うことによって起こる病気があります。
もちろん、手術うけたみんなにおこるわけではありませんが、特にダックス、といってもダックスだけにおこるわけではありません。
縫合糸肉芽腫または脂肪織炎といって、体の脂肪が壊死したり、糸のまわりに肉芽腫が出来、内臓にとても悪い影響を及ぼします。
もちろん、避妊去勢手術が悪いことではありません。乱繁殖の防止、もちろん、病気の防止にもつながります。
ただ、この危険性も知っていて欲しいのです。
そして、手術を受ける際、先生とよく話し合ってください。
「絹糸」を使うといわれたら、それは一番アレルギー反応が少ない糸に変えてもらってください。
ただ、この病気、「絹糸」だけで起こるわけではありません。稀に溶ける糸でもアレルギーになる子もいます。
それでも「絹糸」の危険性はかなりものですので、一番安全な糸を使うように獣医さんにお願いしてください。
この病気によって命を落とした子もいます。その子たちのためにも、糸の危険性知っておいてください。そして、この病気になる子がいなくなる日を心より願っています。


5122378_14393697.jpg


センターにいる子達はかなりのストレス&恐怖で毎日を過ごしています。
その子達を引き出してスグにシャンプーや基本検査受診するだけでも余計にストレス&恐怖を蓄積させてしまいます。
それでもシャンプー&基本検査受診はどの保護団体もしています。
それに加えて避妊去勢手術も強制的に行っています。
乱繁殖を制限する為には避妊去勢手術も必要でしょう。
しかし、避妊去勢手術によって『命を落としてしまう』危険性があることも事実です。
今回の事例も『稀に起こってしまったこと』ではなく、『近年増えてきている』ということに注目してください。
獣医師さんのブログです。
     ↓
糸を体に残さない去勢・避妊手術


【付け加えメモ】


これは避妊去勢OPに限ったことではないです。
手術をする=絹糸使用の可能性大、と思ってくださいね。
特に内蔵系においては、使用度は高いと思っていてください。

それと、近年増加傾向にあるというのは・・・
この病名の原因が解明されたので症例報告も増加したということ。
これも重要なポイントです。





↓ポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
ありがとう・・・サーブ!
koinu013.jpg


先日の木曜日にフジテレビで放送された『アンビリバボー』を観ていたら
ありがとうサーブ」という盲導犬の話があった。

話の結論から話すと・・・

道路を歩いているときに飼い主共々車に轢かれそうになり
本来そこまで教えてないのに自ら車に飛び込んで
眼の不自由な飼い主を守ったというお話。


久しぶりに観ながら泣いてしまいました。
犬の話には滅法弱いんです。
道の安全な場所に避ける・・・
危ない所は通らない・・・
信号は待つ・・・
と盲導犬は訓練を受ける。
でもこのお話は実話。
自分を犠牲にして飼い主を守る・・・
車に体当たりした盲導犬サーブ。
そこまでは訓練では教えてない勇敢な行動。
どうぞ是非一度読んでみて下さい。

ありがとう・・・サーブ

こういう話を観た後はやっぱり我が家の4ワンズをギューってしたくなります。





↓ポチッとお願いします!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

今何時?

by Pets!

Site Stock

サイト売買のサイトストック

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon.com

ブログ内検索


copyright 2005-2007 AILE d’ANGE  all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。